spirit trace

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

言語概念が異なる昔話 

ネタ |

昔々ある所に、おばあさんとおじいさんが住んでいました。
おばあさんは川へ芝刈りに、おじいさんは山へ洗濯へ出かけました。

おじいさんが山で洗濯していると、山頂の方から大きな芝が流れてきました。
驚いたおじいさんはその芝を山からすくい、家に持って帰りました。

川での芝刈りを終えたおばあさんは、おじいさんが持ち帰った大きな芝を見てびっくり。
おじいさんは、この芝を割ってみようと言い、おばあさんは持っていた芝で大きな芝を割ってみました。

すると、中からは玉のような赤オニが出てきました。

子供がいなかったおばあさんとおじいさんは、赤オニを育て、赤オニは立派なオニへと成長しました。

「おばあさん、おじいさん。僕はこれから鬼ヶ島へ行って、鬼をこらしめて参ります」
「そうかい、ならば、これを持ってお行き。お腹がすいたら食べるんだよ」

そう言って、おばあさんは沢山の芝をオニへと渡しました。



オニが歩いていると、一頭の雉と一羽の犬と一人の猿に出会いました。

「君達、僕はこれから鬼ヶ島へ行って、鬼をこらしめに行くんだけど、良かったら仲間になってくれないか」

オニの協力要請に、雉と犬と猿は口々にこう言いました。
「「「「そのお腰につけた芝を一つ私にくれたら、仲間になってもいい」」」

オニは3匹に芝をあげ、買収に成功しました。



オニと仲間の雉犬猿は、鬼ヶ島に到着しました。

「やいやい、ここへ何しに来やがった!」
オニ雉犬猿の前に、金芝を持った鬼達が現れました。
「僕らは悪さをするお前達をこらしめにきたんだ!」

オニ達はなんとか鬼をこらしめ、鬼達は謝罪の言葉を言いました。
「すまんのぉ、ほんの出来心だったんだ。お詫びと言ってはなんだが、これを受け取ってくれ」
鬼達はオニへ、大きな桃を渡しました。


オニは無事に我が家に戻りました。
おばあさんとおじいさんは、オニが持ち帰った大きな桃を見てびっくり。

おばあさんは、この桃を割ってみようと言い、おじいさんは持っていた包丁で大きな桃を割ってみました。

すると、中からは玉のような果汁が出てきました。

小腹がすいていたおじいさんとおばあさんとオニは、割った桃を仲良く食べました。

「おじいさんや、そういえばこの子の名前を決めていなかったね」
「そうじゃな、この子の名前は桃太郎にしよう」
「素晴らしい名前です。ありがとう、おじいさん、おばあさん」

こうして、3人は仲良く暮らしましたとさ。











『桃太郎』完
スポンサーサイト
22:47 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。