spirit trace

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

キングオブコントの感想 

日常 |

キングオブコント2013。
個人的な感想をつらつら書いていきます。
書いてみたら、「偉そうにお前みたいな素人が語るな」というような感じになってしまったのが書いた自分でも分かってしまいましたが、まぁ言いたいんで言わせて下さい。


一言で言うと全部面白かったです!

※ちょいとネタばれ含む



●うしろシティ

率直に言ってしまうと、前回よりもトーンダウンしていたように感じました。
設定やリズムや描写等、らしさが出ていましたが、それだけに、ボケのパンチが弱かったのは残念でした。
前回のように、金子さんと阿諏訪さんとの温度差があればよかった気がします。
しかし、2本目のオチへの流れは全ネタ中随一!
点数もうちょっと高くても良かったのでは。



●鬼ヶ島
大ボケ野田君の狂気っぷりが出ていて、実に鬼ヶ島らしさが出ていたと思います。
野田君がオチで噛んでしまいましたが、あれも鬼ヶ島らしさ、野田君らしさと言ってしまうのは失礼でしょうか。
しかし、やはり3人とも個性的な方々なので、それを活かして欲しかったとも。和田さんもっと喋っていいのよ!
それでも、銀シャリの橋本さんが言っていた「悪魔的面白さ」がなんともしっくりきました。きてしまいました。



●かもめんたる
今回は2本ともう大さんの可笑しいキャラのネタでしたね。
設定と言葉選びも良くて、表現力も高い!2本目のう大さんの気持ち悪さ!
松本さんがラストに言っていましたが、やはりくつ下の色が決定打だったような気がします。
優勝おめでとう!



●天竺鼠
良い意味でやってくれました天竺鼠。あんなネタは天竺鼠以外やらないと思います。良い意味で。
1本目はただただ困惑しました。面白かったのですが困惑しました。
2本目もぶっとんでいました。なんで面白いのかわからないけど面白いのが悔しいです。良い意味で。

余談ですが「けど高校の時のほうが楽しかったです」「はいパンサー」が面白すぎました。



●アルコ&ピース
ネタが始まる前、チラッとピンクの全身タイツが映りこんでいて、まさかとは思いました。
え、あのネタ、テレビで出来ないやつじゃん?って思いました。
残念ながら的中してしまいました!ド下ネタ!

ネタ自体は、設定はおかしいのに、なぜかドラマを見ているような感じ。平子さんと酒井さんが真面目に役に徹していて、いつのまにか引き込まれている。
毎回、「意外性」を楽しみにしているのですが、2本目はそれが弱かった気がします・・・そうでもないのかな。



●TKO
木下さんのキャラの表現、表情、動き、一つ一つの動作が細かくて、面白さに繋げていくのは凄かったと思います。
そこに、木本さんの大きな動作、重く鋭いツッコミが入って、さらに木下さんのキャラ引き立っているきがします。
それだけに、2本目はラジオの音が主なボケで、キャラが活きていなかったようにも感じました。1本目が良かっただけに残念です。
月並みですが、挑戦し続ける姿勢はかっこよすぎます。



●ジグザグジギー
個人的、出場者の中で一番楽しみでした。(単純に好きだったのです)
今回の他にもいくつかネタを見たことがあるのですが、あの設定がどうして生まれるのだろうかと。
他と違い、ジグザグジギーのネタは同じような内容のボケをどんどんふくらませていく感じだと思います。そこにツッコミの独特な言葉が重なって面白くなっていくのではないだろうかと。
1本目も2本目も、ふくらましきれなかった感があるような。もう少し時間があったら変わっていたかもしれません。
そして、2本目はリズム系にしてしまったために「らしさ」が出ていなかった気がします。(いちかばちかだったのか、やりたいネタをやったのか・・・)

個人的には、出席ネタ、お会計ネタ、オークションネタが好きです。



●さらば青春の光
今回の優勝予想で、真っ先にありそうと思っていました。
そうくるかという設定や、ボケのパンチ力も然る事ながら、やはりあの絶妙な間がじわじわとくるのが良い。
2本目のネタは、オカリナが出てきてから、2、3秒後に理解した後で思わず吹いてしまいました。
ちょっと残念だったのが、この2本目のオチでしょうか。
去年の「いたとん」のオチが素晴らしすぎて期待してしまっていたからなのか、ちょっと後味が悪かったです。
来年に期待!




●全体的に
ネットでも挙がっていましたが、点数の違和感は確かにありました。
順位自体はあまり自分とズレは無かったのですが、点数がちょっと「そうかぁ」という部分がありました。
(具体的にどこが、というのもありますがここでは割愛)

あとこれは毎回思うのですが、ネタが終わってから点数が出るまでは弄りだったり発言だったりは無いほうが良いと思います。厳正さというかね。
これは自分だけでしょう思っているのは・・・・おそらく。







以上、つらつらと偉そうな事を書き連ねてしまいました。
ただの一介のお笑い好きの独り言だと思ってください。

ただ言えるのは、つまらないネタは一つも無かったです。
素直に面白かったし、面白くできる芸人さんを尊敬しますし、良い意味でずるいです。

改めて、出場された全ての芸人さんにお疲れ様!






以下余談です。キングオブコントとはあまり関係ない事ですので。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
00:08 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

じょうしゃひっすい 

日常 |

先日仕事帰り、駅のエレベータの前でカナブンが死んでいました。
どうしてもエレベータの乗りたかったのでしょう。

でも、向いている方向からしてそちらの方向からは乗れないのです。そこ上ってくる人が降りる場所だから。



またまた先日、ドアの前でカナブンが死んでいました。
どうしてもドアの中に入りたかったのでしょう。

でも、残念ながらそこは僕の家のドアなのでチャイム押しても入れてあげませんよ。ごめんね。





またまた先日、夜にコンビニに行く道中でセミが死んでいました。
どうしてもコンビニに行きたかったのでしょう。

でも、そのセミはまだ生きていました。

よくある死んだふり的なやつで、無警戒の自分が横を通ろうとした時に地震速報かってくらい鳴きだしやがったんです。
思わず、お世辞にもかわいいと言えない「うわっ☆」のような声を上げてしまいました。

夜の歩道で!誰もいない夜の歩道で!

恥ずかしさで何でか暑くなってしまいました。やけにコンビニ涼しかったです。





倒れていたカナブン達も、このセミぐらいの悪あがきはあったのでしょうか。
僕も倒れた時、最後まで何かしらあがこうと思います。





そんな夏の日々、小さな虫から教訓を得たお話でした。
00:03 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。